最新記事一覧

売りたいと考えているなら

男女

不動産会社を頼る

借地権は所有権のように売買することができますが、自由に売買することができるわけではありません。借地権を売買するためには、土地の所有者の承諾が必要となります。一般的にはこの承諾を得るために、所有者に対して譲渡承諾料を支払って承諾を得ます。交渉がうまくまとまらずにトラブルになるケースもあるため、借地権の売買をあきらめざるを得ない場合もあります。しかし借地権も財産であることには変わりなく、利用していないなら処分したいと思うはずです。そんな時には、借地権売買を取り扱っている不動産業者を頼るのが一つの手です。面倒な地主との交渉を依頼者の代わりに行って承諾をしてもらえるように尽力してくれます。また、直接不動産業者が買い手となってくれるので、もし承諾がもらえたらそのまま売り手を探す手間もなく売却することが可能です。借地権の売買をすべての不動産業者が扱っているわけではなく、こちらを得意とする不動産会社を選ぶ必要があります。専門としている所であれば積極的にホームページで宣伝活動をしているため、それを目安に利用する不動産会社を決めていくと良いです。例えば、借地権の売買は弊社にお任せください、といった表記や借地権の売買についての解説がなされていますので、探すのには苦労しません。借地権の売買に関する相談も専門に扱う業者は随時無料で受け付けているので、借地権を処分したいと考えている方は気軽に利用することができます。